さもらい庵

sh2410.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2005年 12月 11日

「τになるまで待って」 森博嗣

しつこくちらつく真賀田四季の影。
怪しさを増す赤柳探偵。
「Gシリーズ」なのにだんだん意味が薄くなっていくギリシャ文字。
「次作以降の予定」が「レタスフライ」って、
大丈夫?このシリーズ。
[PR]

by sh2410 | 2005-12-11 20:59 | 読書
2005年 12月 10日

「虹の家のアリス」 加納朋子

相変わらずとてもいいですよ。
「虹の家」と「鏡の家」にやられ気味。

うわ、「2005年12月10日第1刷」って。
すんごいファンみたいじゃないですか。
[PR]

by sh2410 | 2005-12-10 23:05 | 読書
2005年 12月 09日

「墜ちていく僕たち」 森博嗣

男が女で女が男で。
そんなお話。
これはすごい。
一切先を考えないで書いたに違いない。
完全にその場のノリだけで300ページ弱。
表紙は怖いのに、中はぜんっぜん怖くないし。
[PR]

by sh2410 | 2005-12-09 23:58 | 読書
2005年 12月 08日

「迷宮百年の睡魔」 森博嗣

百年シリーズというのか、
とにかく「女王の~」の続編。
ロイディのおちゃめっぷりも、ポエムっぷりも、
前作より3割くらい増量。

どうやらこのシリーズは3部作らしい。
3つめはまだ出ていないみたいだけど。
「四季」みたいにラストで森ポエム全開にされたらどうしよう。
[PR]

by sh2410 | 2005-12-08 23:55 | 読書
2005年 12月 07日

代替措置

パソコンのスピーカーがいささかどうにもならなくなってきたので、
持ち運びできるスピーカーを買ってみました。
おかげで周りはますます線だらけになりましたが、
なんとなくかっこいい感じがするのでまんぞくです。

e0034144_131056.jpg

[PR]

by sh2410 | 2005-12-07 22:55 | 写真
2005年 12月 06日

「女王の百年密室」 森博嗣

SF推理小説。
こういうの考えるの好きそうだもんね、森先生。
ロイディがとてもお茶目。
至る所で人間論が展開されているけど、
森先生っていっつもこんなこと考えているのか…アブナイなあ。
[PR]

by sh2410 | 2005-12-06 23:42 | 読書
2005年 12月 05日

これでひとつぶっすよ

外がなにやら騒然としていると思ったらこんなのが降っていました。
なになに、直径5ミリを超えるとヒョウ・・・明らかにヒョウだこれ。

e0034144_1462193.jpg

[PR]

by sh2410 | 2005-12-05 14:04 | 写真
2005年 12月 04日

「月の裏側」 恩田陸

「球形」と似たようなテーマですよ。
あれでも月の裏側がどうの、っていう言葉があったし。
日常と自然につながった別世界とか、
結局まったり泰然としている人が強いのとか。
ホラーとしての見せ方はこっちの方が好き。
割り切って、純粋に怖がらせよう、ハラハラさせようっていう書き方がされているからかな。
[PR]

by sh2410 | 2005-12-04 23:33 | 読書
2005年 12月 03日

でかいうどん

食べてきました。
器にじゅうぶんな深さがあるので、
麺をすする音が反響するという斬新な体験。
麺は薬草だかなんだかが入っていて緑っぽくておいしいのです。

e0034144_1473675.jpg

[PR]

by sh2410 | 2005-12-03 23:07 | 写真
2005年 12月 02日

「Θは遊んでくれたよ」 森博嗣

相変わらずダークな気配やまもりのあの人がまた出ましたね。
これから先絡んでくるのかなあ。
しかしなんですね、海月くんと犀川先生のキャラがあまりにもかぶっていて、
いまいち何が言いたいのか分からないシリーズですよ。
世代交代?
[PR]

by sh2410 | 2005-12-02 14:32 | 読書