さもらい庵

sh2410.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2005年 11月 10日

「赤緑黒白」 森博嗣

Vシリーズ読了。
一度こうして舞台ができたものはそれなりに安心して読み続けられるし、
長く読んでいれば愛着も沸くし、
それが終わっちゃうのは少しさびしいものですね。

そして。
「捩れ屋敷」を読んで立てた仮説は、ほぼ確信になりましたよ。
なるほど、そう繋がっていくのね。
ここまで来たら四季シリーズも読みたくなってきたじゃないか。
いかんいかん、文庫落ちするまでがまん…できるかな。
[PR]

by sh2410 | 2005-11-10 22:14 | 読書
2005年 11月 09日

「朽ちる散る落ちる」 森博嗣

いやきみ宇宙密室て。
こんなの解けるわけがないと思うのですが。
しかもじゅうぶんに楽しむには短編も読んでなきゃいけない難儀な仕様。
素直くんと練無の漫才でいっぱい笑ったからいいけど。
ほげぇ。
[PR]

by sh2410 | 2005-11-09 23:34 | 読書
2005年 11月 08日

「捩れ屋敷の利鈍」 森博嗣

薄い。
純粋にパズルしている感じ。

しかしこれは…想像があたっていたら、
けっこうスゴイ。
いや別にそういう設定だっていうだけで
そんなにすごくないのかもしれないけど、
とにかくすごく意外というかでも妙に納得というか
もう何いってるんだか分からないけどスゴイ。
それ以前に想像がハズレだったら身も蓋もないのですがね。
[PR]

by sh2410 | 2005-11-08 23:28 | 読書
2005年 11月 07日

ささやかに

赤ペンを超キレイに使い切った。
大体いつもペン先つぶしちゃうのに。
満足。
e0034144_049077.jpg

[PR]

by sh2410 | 2005-11-07 23:40 | 日記
2005年 11月 06日

「六人の超音波科学者」 森博嗣

いやあ、訳が分からなかった。
どこに考えるポイントがあるのか、
がうまいこと散らされててそれにまんまとはまってしまった感じです。
くそう。
保呂草さんは話によって動きすぎだったり動かなさすぎだったり極端ですな。
[PR]

by sh2410 | 2005-11-06 23:13 | 読書
2005年 11月 05日

おいがおもい

甥っこがとうとう10キロ近くになりました。
最近とみに気むずかしくなって、
放り上げたり振り回したりしてやらないとすぐグズりやがるのですが、
もはやそれを容易に続けられる重さじゃあないのです。
腕にきてますよ、ぷるぷると。
[PR]

by sh2410 | 2005-11-05 22:59 | 日記
2005年 11月 04日

「恋恋蓮歩の演習」 森博嗣

あれ、結局タイトルはなんて読むんだろ。
れんれんれんぽ?
こいこいれんぽ?
…わからん。
でも「ぽ」は譲れんぞ。

「自画像」はベタだけどよかった。
こういうの好き。
でも保呂草さん暗躍しすぎ。
どれだけ話をややこしくするんだこのアニキは。
[PR]

by sh2410 | 2005-11-04 22:34 | 読書
2005年 11月 03日

根拠をいってみたまえよ

今日、叔母と母が
「文化の日なのに雨が降るなんて珍しいねえ」
って口を揃えて言っていたのだけど。
そうなの?
文化の日って晴れるものなの?
[PR]

by sh2410 | 2005-11-03 23:48 | 日記
2005年 11月 02日

最新でーた

身長…2ミリ減
体重…1キロ増
視力…すごく良い

眼科のお医者さまに「1ヶ月ぶりくらいに出ました」って言われましたよ。
大当たりさながら。
[PR]

by sh2410 | 2005-11-02 23:41 | 日記
2005年 11月 01日

「創竜伝5」 田中芳樹

番外編みたいな位置づけなのかな。
お上とか権力が嫌いなのはいいけど、
それをキャラクターに語らせるにとどまらず、
読者への説教口調で、しかも何度も繰り返されるといい加減鬱陶しい。
あとしきりにヒトラーを引き合いに出すあたりもそろそろお腹いっぱい。

いちおうみなさん竜になったみたいだし、
創竜伝はこんなもんにしておきましょうかね。
[PR]

by sh2410 | 2005-11-01 23:20 | 読書