さもらい庵

sh2410.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:読書( 91 )


2005年 12月 26日

「夢にも思わない」 宮部みゆき

「今夜は~」の続編。
主人公が中学生じゃない設定でも読んでみたかった気がしますよ。
若さゆえのまっすぐさというか潔癖さというか、
これはこれでいいのだけど。
そういうのをあえておっさんにやらせてみたりするのもいいかなあ、と。
[PR]

by sh2410 | 2005-12-26 23:39 | 読書
2005年 12月 20日

「今夜は眠れない」 宮部みゆき

久しぶりにみやべ。
とてもぽんぽん進む。
でも「家族の絆」方面はやっぱり駄目だ。
ああ、そういえば「重力ピエロ」で泣いたのも同じようなシチュエーションだったな。
[PR]

by sh2410 | 2005-12-20 23:19 | 読書
2005年 12月 16日

「ナ・バ・テア」 森博嗣

「スカイ・クロラ」の続編。
今回はキレっぷりがちょっと抑え気味。

さらに「ダウン・ツ・ヘブン」なる続編があるらしいけど
こういう殺伐とした世界ばかり読んでいると人間が歪みそうなので、
次はもう少し暖かめのを読むことにしよう。
[PR]

by sh2410 | 2005-12-16 23:40 | 読書
2005年 12月 15日

「スカイ・クロラ」 森博嗣

戦闘機モノ。
専門用語だらけの戦闘シーンを読み飛ばすと
ほとんど結局ポエムっているところしか残らない相変わらずのノリ。
面白かったけどね。
実はSF好きなのかもしれない。
[PR]

by sh2410 | 2005-12-15 23:30 | 読書
2005年 12月 13日

「三月は深き紅の淵を」 恩田陸

まわりくどい。
3章は分かりやすかったけど、
それ以外は基本的に書き方がまだるっこしくて疲れたですよ。
[PR]

by sh2410 | 2005-12-13 23:18 | 読書
2005年 12月 11日

「τになるまで待って」 森博嗣

しつこくちらつく真賀田四季の影。
怪しさを増す赤柳探偵。
「Gシリーズ」なのにだんだん意味が薄くなっていくギリシャ文字。
「次作以降の予定」が「レタスフライ」って、
大丈夫?このシリーズ。
[PR]

by sh2410 | 2005-12-11 20:59 | 読書
2005年 12月 10日

「虹の家のアリス」 加納朋子

相変わらずとてもいいですよ。
「虹の家」と「鏡の家」にやられ気味。

うわ、「2005年12月10日第1刷」って。
すんごいファンみたいじゃないですか。
[PR]

by sh2410 | 2005-12-10 23:05 | 読書
2005年 12月 09日

「墜ちていく僕たち」 森博嗣

男が女で女が男で。
そんなお話。
これはすごい。
一切先を考えないで書いたに違いない。
完全にその場のノリだけで300ページ弱。
表紙は怖いのに、中はぜんっぜん怖くないし。
[PR]

by sh2410 | 2005-12-09 23:58 | 読書
2005年 12月 08日

「迷宮百年の睡魔」 森博嗣

百年シリーズというのか、
とにかく「女王の~」の続編。
ロイディのおちゃめっぷりも、ポエムっぷりも、
前作より3割くらい増量。

どうやらこのシリーズは3部作らしい。
3つめはまだ出ていないみたいだけど。
「四季」みたいにラストで森ポエム全開にされたらどうしよう。
[PR]

by sh2410 | 2005-12-08 23:55 | 読書
2005年 12月 06日

「女王の百年密室」 森博嗣

SF推理小説。
こういうの考えるの好きそうだもんね、森先生。
ロイディがとてもお茶目。
至る所で人間論が展開されているけど、
森先生っていっつもこんなこと考えているのか…アブナイなあ。
[PR]

by sh2410 | 2005-12-06 23:42 | 読書