さもらい庵

sh2410.exblog.jp
ブログトップ

2006年 03月 28日 ( 1 )


2006年 03月 28日

「続巷説百物語」「後巷説百物語」 京極夏彦

「後」を読んだら「続」も読みたくなったので再読。
いやあ、濃い。
そして切ない。
夏彦氏が愛する怪異が生きていた時代はこうして終わってしまったのね。
という感じのお話。
だから同じ化物を遣うのでも又市と古本屋ではやり方がずいぶん違うと。

あと、
山岡百介→菅丘李山というのはなかなかセンスがよろしい。
鹿谷門美はどうかとおもうよ。かどみて。
と改めて思いました。
[PR]

by sh2410 | 2006-03-28 01:02 | 読書