さもらい庵

sh2410.exblog.jp
ブログトップ

2005年 10月 20日 ( 1 )


2005年 10月 20日

「火の粉」 雫井脩介

無罪になった殺人鬼を判決を下した裁判官自身が殺しちゃうとか、
法にがんじがらめになった自分自身に殺意を呼び起こすために「死ね」って叫ぶとか、
その直前の怒りを発露するための言葉を見付けた、っていうくだりとか、
そういうのはいい。
うん、よかった。
ただ、そこに至るまでがしんどすぎる。
しんどいからこそ「死ね」があるのは分かるけど、
それにしたってあんまりにもイライラする。
むずがゆい。
こんなの娯楽じゃないやい。
一度中断したらもう読めない気がしたので勢いで一気読み。
[PR]

by sh2410 | 2005-10-20 23:51 | 読書