さもらい庵

sh2410.exblog.jp
ブログトップ
2005年 09月 06日

「幻惑の死と使途」 森博嗣

けっこう読むところがあった。
形としては「笑わない数学者」に似てるかな?
あれを洗練させた感じ。
きっと推理小説としての構造は似ていないんだろうけど。
有里匠幻の名前を叫ぶ犀川先生がとてもよろしかったと思います。
[PR]

by sh2410 | 2005-09-06 11:43 | 読書


<< 音われ      ブックチャーム >>