さもらい庵

sh2410.exblog.jp
ブログトップ
2006年 02月 16日

「アヒルと鴨のコインロッカー」 伊坂幸太郎

毎回ちょっとおもしろくて最後にはがっかりさせられて、
でもたまによみたくなる伊坂。
あれか、まさかファンか。伊坂の。

それはそれとして、
これはなかなか良かった。
伊坂作品にはどれも「いわゆる変人」っていう変人がでてくるけど、
今まで読んだ中ではそれが一番活きている気がする。
途中がっかりするような中だるみもないし。
風呂敷をひろげすぎなかったのがよかったのかね。
[PR]

by sh2410 | 2006-02-16 23:55 | 読書


<< 「悪いうさぎ」 若竹七海      「時計館の殺人」 綾辻行人 >>