さもらい庵

sh2410.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 30日

「魔法飛行」 加納朋子

今まで読んだ加納朋子ほどのインパクトはなかったかなあ。
「誰か」からの手紙とそれから展開するストーリーも、
いまいちピンとこないというか、必然性がない気がするし。
んでも、「魔法の飛行」はちょっとよかった。
塔の伝言トリックはどうでもいいとして、
その後の野枝ちゃんのふるまいが。
とてもほほえましい気持ちになったですよ。
[PR]

by sh2410 | 2005-11-30 14:13 | 読書


<< おやすみの日にかぎって      ほんとはそんなでもないけどね >>